文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

厳選文具を紹介する冊子制作 日東商会秋の見本市 約500人が来場

2014年09月10日

開会式のテープカットで見本市開始を祝う

日東商会の営業担当が厳選した文具を紹介する「日東トレンディ」

 日東商会(東京都台東区、村形彰治社長)2014年秋の大見本市が9月10日午前10時~午後5時、港区の明治記念館であり、全国から大手得意先270社約500名が来場した。

 開場前の開会式で、村形社長は「6月末で第72期が終了したが、アベノミクス効果による景気回復は感じることない1年だった。増税前の3月は前年比104%だったが、増税後の4~6月は前年を割り、全体では100.8%となんとか前年の実績を確保した。7、8月は全国的に大雨災害で、特に西日本地域の店頭販売は低迷したが、新規出店に恵まれ、既存店ベースでは103.9%、新店を含めると107.7%だった」と報告した。

 会場入り口には「今が旬!新製品コーナー」設置され、今秋に発売の製品などがずらりと並んだ。また、ダークカラーなどのトレンドカラー、ふせん活用術、DIY女子などをテーマにした企画も展示され、売場展開を提案。第1、第2会場ともに、メーカー担当者がいちおしの製品をバイヤーに紹介し、商談に結び付けていた。

 また、日東商会は今回初めて、営業担当が厳選した商品を掲載した小冊子「日東トレンディ」を制作。社員が営業先やデスクで実際に使って便利と感じたアイテムを紹介している。村形社長は「ぜひ多くの人に読んでもらい、店頭に導入してほしい」と呼びかけていた。

[最近の記事一覧]