文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

シヤチハタ、「2015年ミラノ国際博覧会 日本館」に協賛

2015年04月13日

日本館記念スタンプ(印面サイズ:30㎜角)

「OBENTO(お弁当)」スタンプラリー(印面サイズ:80㎜角)

 シヤチハタ(名古屋市、舟橋正剛社長)は、2015年5月1日~10月31日にイタリア・ミラノで開催される「2015年ミラノ国際博覧会」(以下、ミラノ万博)の日本館に協賛する。

 ミラノ万博は、「地球に食料を、生命にエネルギーを」をテーマに、148カ国と国際機関が参加を表明する国際博覧会。2005年の「愛・地球博」、2010年の上海万博に続く、今世紀3度目の博覧会で会期中の来場者数は、約2,000万人を予定。

 シヤチハタはこれまで、1970年の「大阪万博」、2005年の「愛・地球博」に出展し、スタンプの楽しさを伝えるとともに、多くのパビリオンに記念スタンプを提供することで、来場者の想い出づくりに貢献してきた。

 今回のミラノ万博では、「Harmonious Diversity-共存する多様性-」をテーマに展示を行う日本館にて、記念スタンプとスタンプラリー用スタンプを提供する。

 記念スタンプは、両端が細くなっている日本独自の「祝い箸」をモチーフにした日本館のシンボルマークを絵柄に採用し、日本館に来場した記念として捺してもらえるよう、館内2箇所に設置する。

 また、日本館に来場した子どもたちが楽しみ、思い出として残せる企画として、館内の3カ所にミラノ万博向けの電動スタンプマシーンを設置しスタンプラリーを実施する。ストラップ付の専用用紙に3種類のスタンプを順番に重ね捺しすることで、イタリアと日本の国旗が立ったかわいらしい「OBENTO(お弁当)」の印影が完成するという仕組み。

 スタンプラリー参加者にお弁当を通して日本の食文化に触れてもらうことを目指す。

[最近の記事一覧]