文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

コクヨ第3四半期連結 売上3.9%増の2290億、営業利益44.3%増

2015年10月26日

 コクヨ(黒田英邦社長)は、10月23日、平成27年12月期第3四半期の連結業績を発表し、売上高2290億8400万円(前年同期比3.9%増)、営業利益98億6000万円(同44.3%増)、経常利益108億5800万円(同34.9%増)、四半期純利益65億1600万円(同54.1%増)だった。

 ステーショナリー関連事業は、国内市場で商品開発に注力するとともに、新商品の上市や各種キャンペーンの実施等により、需要喚起に努めた。海外市場でも、インド、中国、ベトナムの各国において前年同期を上回る業績で推移し、売上高は、海外事業の伸長等により、前年同期比4.3%増の744億円。

 ファニチャー関連事業は、国内市場で、首都圏を中心に大規模オフィスビルの供給が増加していることに加え、企業の収益改善に伴うオフィスの移転・リニューアル需要も増加しており、新規顧客の開拓並びに製販連携によるソリューション提案を展開した結果、オフィス家具販売が好調に推移。

 売上高は、国内事業の牽引により、前年同期比5.9%増の963億円。営業利益は、増収による売上総利益の増加及び価格改定や工場収支の改善等に伴う売上総利益率の向上により、前年同期比59.1%増の57億円。

 また、通販・小売関連事業は、前年同期比0.9%増の売上高804億2400万円だった。

 通期では、売上高3020億円、営業利益93億円、経常利益108億円、当期純利益61億円を見込む。

[最近の記事一覧]