文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

世界初 、使用済みの紙から新紙を生み出すオフィス製紙機 エプソン

2015年12月01日

セイコーエプソン碓井社長

文書情報の完全抹消、紙の自社内生産を実現。企業や自治体が循環型オフィスに変わる

 セイコーエプソン(碓井稔社長)は、12月1日都内で発表会を行い、世界で初めて、使用済みの紙を原料として、水を使わずに、文書情報を完全に抹消した上で、新しい紙を生産できる小型のオフィス製紙機「PaperLab(ペーパーラボ)」を開発したと発表した。2016年にも商品化を予定する。

 同社は「スマートサイクル事業」としてこの新規ビジネスを推進し、企業や自治体は「PaperLab」の導入により、オフィスのバックヤードなどで、紙厚の異なるオフィス用紙や名刺用紙、色や香り付きの紙など、さまざまな紙を生産することが可能になる。

 碓井社長は「いつの時代も変わらない、紙の普遍的な価値は、コミュニケーションのシンプルさにある。必要不可欠なツールでありながら、紙は限りある資源。エプソンは、これまで商品を通じて、紙と深く関わってきた。そこで2011年から紙のサイクルを変える技術の開発に、取り組んできた。PaperLabにより、紙に新たな価値を与え、循環型社会の活性化を目指す」と話した。

 今後、実証実験を繰り返し、商品化以降は金融期間や自治体など、機密書類を抱える企業や団体に売り込み、新市場を切り開く。3~5年をめどに100億円規模の売上を目指し、将来的にはオフィスの複合機と同等サイズに小型化する。消費電力も抑える。

 「PaperLab」の特長は、「オフィスでつくる小さなサイクル」。紙のリサイクルは、一般的にオフィスから製紙(再生)施設への輸送を伴う、大きなプロセスで循環されている。エプソンのスマートサイクル事業は「PaperLab」により、オフィスで完結する、小さく、そして新しい資源サイクルを提案する。

 また、企業がこれまで外部へ委託したり、内部で裁断したりしている機密文書。「PaperLab」の使用により、外部に持ち出すことなく、ユーザーの手元で安心して処理できる。文書を紙繊維にまで分解するため、情報を完全に抹消する。

 「PaperLab」に使用済みの紙を入れ、再生開始ボタンを押せば約3分で 1枚目の新しい紙ができあがる。A4用紙の生産能力としては、1分間に約14枚、1日8時間稼働させれば 6,720枚の紙を、オフィスで生み出せる。

 「PaperLab」の開発機を、12月10日~12日まで東京ビッグサイトで開催される環境展示会「エコプロダクツ 2015」のエプソンブースで、デモ展示する。

[最近の記事一覧]