文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

アスクル初のロハコ専用物流センター 4月20日から出荷開始

2017年04月26日

外観

 アスクル(岩田彰一郎社長)は、今年2月に発生した火災により、個人向け通販「LOHACO(ロハコ)」の東日本向け基幹センター「アスクルロジパーク首都圏」(ALP首都圏)の出荷能力を失ったことを受け、新たな物流拠点「「アスクルバリューセンター日高」(埼玉県日高市、AVC日高)を新設し、4月20日から出荷を開始した。

 AVC日高は、アスクル初のロハコ専用物流センターとなる。

 同拠点の施設は、埼玉西部で唯一の免震構造物流施設であるとともに、液状化リスクが極めて低い強固な地盤に立地。防災センターでのバックアップ電源や井水設備の採用など、BCPにも配慮された物流センターとなり、また、庫内の防災については、飯能日高消防署の指導のもと体制を構築した。

 アスクルは、AVC日高と、近隣代替センターの所沢センターを合わせ、ALP首都圏に就業していたスタッフ740名(直接雇用280名、派遣スタッフ460名)のうち420名の雇用を継続する。


【ASKUL Value Center 日高概要】

物件名: GLP狭山日高Ⅱ
所在地: 埼玉県日高市大字上鹿山字茗荷沢792番1外
着工: 2015年4月
竣工: 2016年9月末
稼動開始: 2017年4月
敷地面積: 約43,000㎡(約13,000坪)
賃借面積: 約46,200㎡(約13,700坪)
※建物全体延床面積は約85,700㎡(約25,900坪)
建物階数: 地上5階建(1階~3階部分を賃借)
トラックバース数: 59バース(1階~3階部分合計)

[最近の記事一覧]