文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

驚きの記憶力 下描きなしのライブドローイング 1本のぺんてる筆で制作

2017年12月01日

世界で一番上手な漫画家、キム・ジョンギ氏

東京コミコン2017会場で

 世界各国から注目を集めている、韓国人アーティスト「キム・ジョンギ」氏のスピード感あふれるリアルな描画を体感できるイベント「ライブ・ドローイング」が、12月1日、幕張メッセで開催中の東京コミコン2017で披露され、その技量と共に愛用する筆ペン「ぺんてる筆」も注目を集めた。

 イベントは会場のムービープラス社ブース内で、「ぺんてる筆×ライブドローイング」として行われ、ムービープラス社の映画予告編を見たキム氏が、抜群の記録力と驚くべき速さで、150cm×150cmの白い紙に臨場感溢れる描写を筆ペンだけで描いていく。

 下描きを一切使わず、ひとつのパーツから描きはじめて、壮大な世界観を「ぺんてる筆」1本で生み出していった。制作時間は、約2時間で、インクカートリッジ3分の2を使った。

 キム氏と「ぺんてる筆」との出会いは「2011年に日本に新婚旅行に来た時」で、それまではボールペンを使っていた。「自由に太さや濃淡を変えられ、頭の中のイメージを表現できる」と愛用しているそうだ。

 なお、キム・ジョンギ氏のイベントは、12月1日~3日、ムービープラスブースで行われ、毎回別の画をゼロから描く。また、2日には漫画家内藤泰弘氏とのスペシャルトークショーが行われる。

[最近の記事一覧]