文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

コクヨら同業3社が木製オフィス家具を試作・展示する試み 大手町で

2018年10月22日

コクヨの「ひらけた」はシラカバを表面材に、スギを芯材にした天板にチャレンジ

同業3社が手を取り、オフィス家具業界として発信

 ウッドソリューション・ネットワーク(WSN、事務局・農林中央金庫)は、10月22日から、千代田区大手町のJAビル1階ラウンジで、同ネットワークの参画企業であるイトーキ、オカムラ、コクヨの3社の協働により、木材利用の拡大に少しでも寄与できるよう、木製オフィス家具を試作し、展示を開始した。11月2日まで。

 WSNは、2016年10月に設立された、木材利用拡大に向けた各種課題解決を図るべく、27社・団体で活動するネットワーク。

 日本の森林に伐期が到来し、また将来的に住宅着工件数の減少が予測される中で、木材を有効に利用することが求められている。家具や内装への木材利用は、利用者の感性に訴えかけ、木の温かみや匂いを直接伝えるには有効であるが、オフィスでの木材利用はそれほど多くなく、利用拡大の余地は大きいものと考え、今回、都市で働くビジネスパーソンに向けて訴求する。

 今回は、働き方改革を意識した、短時間の仕事をする空間「タッチダウンオフィス」を創るというコンセプトを3社で共有し、オフィスでの木材利用の可能性を提案。

 会場では、コクヨからひらけた空間として、複数の人間がパソコン等の作業をするための大型テーブル「ひらけた」、イトーキから適度に仕切ら、周囲を気にせずにリラックスできるスペース「こもれる」、オカムラからスギの風合いを感じさせるユニットソファ「たちよる」が展示され、空港のラウンジのような快適な空間を演出した。

[最近の記事一覧]