文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

ベントレーとのコラボレーションモデル発売 ファーバーカステル

2018年10月31日

先行内覧会で展示された「ベントレーコレクションⅠ」

ベントレー車が多数展示された「ベントレー横浜」

 DKSHジャパンが取り扱うファーバーカステル伯爵コレクションは、世界的に名高い高級車メーカー「ベントレー」とコラボレーションし、『ベントレーコレクションⅠ』を、11月より全国の百貨店および筆記具専門店で販売を開始する。

 ファーバーカステル伯爵コレクションでは初の外部ブランドとのコラボレーションモデル第一弾。ベントレーのライセンス商品として発売される。

 以前から交流のあった9代目チャールズ・フォン・ファーバーカステル伯爵とベントレー モーターズ社プロダクトデザイナーのクリス・クック氏との協業によって、デザイン・開発された。

 両ブランドの共通点である「天然素材の採用」、「職人によるハンドクラフト」、「時代を超えたエレガントなデザイン」に加え、随所にベントレー車両の要素が散りばめられている。

 ペン胴軸にはベントレーのアイコンであるダイヤモンドパターンが刻まれている。

 ベントレーの車体のカラーリングから選ばれた「シークインブルー」、「ホワイトサテン」、「タングステン」の3 色をラッカーに採用。何度も重ねて塗り奥行きのある色合いと立体感を実現した。

 天冠にはベントレーのロゴである「B」とナーリング(ローレット加工)を施している。各種パーツにはクロームコーティングを用い、ベントレー車のドアハンドルやマトリックスグリルとの共通点を演出した。

 「ベントレーコレクション I」万年筆 (ペン先:EF/F/M/B)は各4万8000円、ローラーボールは4万円、ボールペンは3万5000円、2本挿ペンケースは3万円。すべて税抜き。

 30日は、横浜市のベントレー横浜ショールームで、先行内覧会があった。10月31日に東京・六本木のファーバーカステル直営店で販売が始まり、11月中旬からほかの小売店でも店頭に登場する。

 今後の展開として、2019年のべントレー モーターズ100周年を記念したモデルなど、引き続きベントレー モーターズとのコラボレーションモデルの発表が予定されているという。

[最近の記事一覧]