文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

コクヨハク2019 3月30日からKITTEで開催 ワクワク文具体験を楽しもう

2019年03月30日

測量野帳デザインのスケッチブックを紹介する、ステーショナリー事業本部 プロモーション推進部 メディアグループの吉村茉莉さん

特賞として「文房具ハッピーBOX」が当たる「コクヨ ビッグガチャ」

 コクヨ(黒田英邦社長)は、東京駅に隣接するKITTE地下1階東京シティアイで、3月30日(土)~4月1日(月)の3日間、今年で7回目の開催となる、コクヨ最大規模の文具イベント「コクヨハク」をオープン。

 「コクヨハク」は、同社最新文具や話題の商品に実際に触れて体感してもらうことを目的に、2013年から開催している文具イベント。2018年は約2万7千人が来場した。

 7回目となる今年のテーマは「旅する遊園地」。文房具の持つワクワク感を遊園地に見立てた演出で、家族や友人同士で楽しめる文具体験を届ける。買い物やフォトスポットなどを体験することができ、特別販売品としては、恒例の限定測量野帳をはじめ8種類の限定品を用意する(測量野帳は事前抽選による販売)。

 3月29日午後、プレス関係者などを対象とした内覧会が行われ、ステーショナリー事業本部マーケティング本部の亀井典子副本部長が挨拶し、ステーショナリー事業本部の吉村茉莉さんが説明したほか、会場内の説明ツアーなどが行われた。

 エントランスを入るとまず目の前に、コクヨ製品が入ったカプセルのガチャガチャを500円で1回楽しむことができる「コクヨ ビッグガチャ」が設置されている。また、その横に「巨大野帳フォトスポット」があり、さらに少し進むとノートをデコることができるワークショップなど、販売だけでなく「体験」を大きく前に押し出した会場レイアウトとなっている。

 コクヨハク限定商品の中でも人気が高いオリジナルデザインの測量野帳については、今回は「ランド野帳」5種類と「オトナの野帳」3種類の計8種類。初めて事前抽選を実施し、当選者のみの販売となる。中に「オトナの野帳」がセットされた「オトナの野帳カバーセット」のみ、事前の抽選なしで当日買うことができる。また、60周年を記念して、測量野帳と同じデザインのスケッチブックとクリヤーホルダーも販売。

 そのほか、12月に開催された文具女子博でも好評だった、「カルカット」の色違いでお菓子のグミのような雰囲気の「カルカットクリップグミ」2色セットや、メリーゴーランド柄のかわいい箱にドットライナーが3つ入った「ドットライナーメリーゴーランド」について、同社の吉村さんは「家族や友人同士で文具体験をシェアしてもらいたいと思い、複数個を1パッケージに入れての販売としました」と語った。

 さらに、コクヨデザインアワード受賞作品の中から商品化されたアイテムや、「コクヨ工業滋賀」で製造されたアイテム、カウネットで人気の「ヤチョーカバー」など、普段なかなか手にとって見ることができない製品がズラリと並んでいる。
 
 毎年恒例となったフードは、ポップコーンとアイシングビスケットを用意。こちらも家族や友人とのシェアを意識したラインナップとなっている。

【コクヨハク2019概要】

期間:3月30日(土)~4月1日(月)11時-20時※最終日は19時まで
場所:JPタワー・KITTE地下1階東京シティアイ(東京都千代田区丸の内2-7-2)

[最近の記事一覧]