文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

マークスダイアリーが20周年 2020年手帳やクリスマス商材を発表

2019年04月06日

10年目となるEDiTも新作を豊富にラインナップ

クリスマス商材が早くも登場した

 デザインステーショナリーを展開するマークス(東京、高城和彦代表)は、4月2~4日の3日間、渋谷区恵比寿で、新製品発表会「Exhibition in April 2019」を開催。2020年手帳やクリスマス商材などを展示した。

 マークスのダイアリーは20周年を迎え、10年目のEDiTや昨年発表し好評のシステム手帳や初登場のコンテンツダイアリーなどを展示した。

 「EDiT」は、1日1ページ手帳から手軽に使える2000円代の「ニュアンスカラー」「プリントジャケット」が登場。週末のスペースが大きい月間ブロックタイプ、ブランド誕生10年を記念したスペシャルカバーもラインナップした。

 システム手帳はA5サイズに加え、高さがバイブルサイズ、横幅がA5サイズで正方形に近いHB×WA5サイズが仲間入りした。

 同社初となるコンテンツダイアリーは、「魔法の家事ダイアリー」と「週間マネー手帳」の2つ。整理収納アドバイザーの三條凛花さん、ファイナンシャルプランナーの前野彩さんがそれぞれ監修しており、生活に役立つ手帳となっている。

 クリスマス商材も多数展示。壁にツリーの絵を飾って楽しむ「タペストリーツリー」やオーナメント、ペーパーアイテムなど、クリスマスの気分を盛り上げる商材が並んだ。

 大阪では、4月9日~10日にシーズOSAKAで開催する。

[最近の記事一覧]