文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

ホビーショーで手作りの楽しみ満喫 文具関連企業も多数出展

2019年05月04日

大混雑の会場

呉竹の筆ペン作りブースでは、ふだんの「太い・細い」とは違う「毛筆・軟筆」の組み合わせの筆ペンを作ることができた

 アジア最大級のハンドメイドホビーフェア「第43回 2019日本ホビーショー」(日本ホビー協会主催)が4月25日~27日の3日間、東京ビッグサイト西1〜4ホールで開催。

 今年もゴールデンウィークに合わせた開催で、女性同士や家族連れでの来場が目立った。来場者はワークショップなどで手作りの楽しみを満喫した。

 今年は企業215社、個人108者の合計685小間が出展。「オンリーワン」をテーマに盛りだくさんの企画を実施し、展示・販売・ワークショップ・ステージと様々な角度からハンドメイドの魅力を見せた。

 文具関連企業も出展。呉竹、シヤチハタ、サクラクレパス、トンボ鉛筆、三菱鉛筆東京販売、ヤマト、ツキネコ、ヒノデワシなどが人気商品を紹介した。

 呉竹は、ペーパークラフトが楽しめるアイテムやツールを数多く紹介。手作り体験コーナーも充実し、「筆ぺん作り」や、自分のオリジナルインクを作ることができる「インクカフェ」などユニークな企画があった。

 シヤチハタは、「てがたスタンプ」やファーバーカステルの商材を使ったオリジナルアートづくりを行った。講師の絵本作家なるかわしんごさんが楽しみ方を指導した。

 トンボ鉛筆は、ハンドレタリングブームで大人気となったペン「ABT」を活用したワークショップなどを開催。イラストレーターMasaki Nakamuraさんがファッションイラストをレクチャーしていた。

 三菱鉛筆東京販売は、POSCAのワークショップや販売を行った。ワークショップでは、来場者がPOSCAを使ってプラバンづくりを楽しんでいた。

 ヤマトは、紙をくるくる巻いてお花などのモチーフを作る「ペーパークイリング」や、つまみ細工用の練らずに高粘度を保つでんぷん糊「つまみ細工用ヤマト糊」等のアート関連商品を出品。

 ツキネコは、新製品の「ステイズオン ピグメント」や定番商品の「バーサマジック」などの販売やワークショップを行った。

 ヒノデワシは、消しゴムはんこ「はんけしくん」を使って小物づくりを楽しむワークショップや作品展示などを実施した。

 サクラクレパスは今回は初めての出展。デコレーゼや、第19回ホビー産業大賞「経済産業大臣賞」を受賞した「クラフト小町」など、ハンドクラフトに適した商品を出品した。

 また、初日16時から「第19回ホビー産業大賞」と「第29回ホビー大賞」の表彰式が行われた。

 「Handmade MAKERS'2019」、第12回ホビークッキングフェア2019も同時開催された。

[最近の記事一覧]