文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

リコーの「THETA」が宇宙へ JAXAと共同開発し9月打ち上げ予定

2019年09月03日

左から、JAXA宇宙探査イノベーションハブ副ハブ長 川崎一義氏、JAXA宇宙探査イノベーションハブ主任研究員 澤田弘祟、リコー代表取締役社長執行役員 山下良則氏、SV事業本部長 大谷渉氏

 リコーと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、宇宙用の全天球型カメラを共同開発したと発表した。9月に打ち上げ予定。

 今回開発されたカメラは、リコーが販売する全天球型カメラ「THETA S」をベースにし、宇宙空間の温度や放射線などに耐えられるよう改良した。

 JAXAとソニーコンピュータサイエンス研究所が共同開発した小型衛星光通信実験装置「SOLISS」の動作確認のために使用される。

 カメラで撮影された画像は1週間ほどかけて地上に送信された後、「JAXAデジタルアーカイブス」で無料で公開予定。

 共同開発の経緯については、まずJAXA宇宙探査イノベーションハブ主任研究員の澤田弘祟氏が「THETA」を採用したいと思いリコーに呼びかけた。話を受けた同社担当者が話のスケールの大きさに戸惑っているところに、SV事業部長の大谷渉氏が「やってみたら」と背中を押して実現。

 澤田氏は、「宇宙空間に適応させるための改良にあたっては、特に耐放射線が難しい。市販のTHETAでも半年~1年は耐えたが、開発チームとともにテストと改良を繰り返し、もっと長期に安定して使用できるようになった」と語った。

[最近の記事一覧]