文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

「MONOシリーズ総合陳列コンテスト」グランプリを決定 50周年記念

2019年11月02日

10月17日、グランプリに輝いた和歌の森谷仁常務取締役(右から2人目)を小川社長(右)が訪問し表彰状と副賞を贈呈

和歌「スーパーステーショナリーWAKA」を表彰

 トンボ鉛筆(小川晃弘社長)は、「MONOシリーズ総合陳列コンテスト」を、7月1日~8月31日実施し、グランプリに「スーパーステーショナリーWAKA」(株式会社和歌 北海道伊達市)が輝いた。

 今年はモノカラー誕生50周年アニバーサリーイヤーにあたることから、受賞枠を例年より10賞増やした全68賞、賞金総額165万円の過去最大規模で実施した。応募総数は前年より微増の208店舗だった。

 グランプリ(1店舗)の賞金は通年の5倍の50万円に充実し、準グランプリ(2店舗/7万円相当)、エッセンス賞(2店舗/5万円相当)、ブランド訴求賞(1店舗/5万円相当)、エリア特別賞(12店舗/3万円相当)、優秀賞(50店舗/1万円相当)を選出した。

 グランプリの和歌は、モノカラー誕生50周年を記念して「トンボ神社のMONO祭り」というテーマで売り場を設け、子どもから年配の方まで身近な「お祭り」という、幅広い年代に興味を持ってもらえるようなテーマを設定。期間中、トンボ鉛筆の消しゴム売上が前年比2.6倍に伸長し、地元紙の北海道新聞などでも取り上げられた。


【グランプリ】(1店舗)

スーパーステーショナリーWAKA

【準グランプリ】(2店舗)

フタバ図書TERA 広島府中店

博品館トイパーク新千歳空港店

【ブランド訴求部門賞】(1店舗)

いなもり

【エッセンス部門賞】(2店舗)

事務キチ富士吉原店

文具コンパスあづみ野文具館

[最近の記事一覧]