文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

良い姿勢を保てるオフィスチェアなど発表 プラスが新製品展示会

2019年11月06日

デスクワークの中で良い姿勢を“楽に保つ”ことをコンセプトにしたオフィスチェア「BeneS(ベネス)」

ドイツの老舗家具メーカー「TONET(トーネット)」

 プラス(今泉嘉久社長)は、企業ユーザー、取引先関係者を対象に、オフィス家具の新製品展示会「PLUS Furniture Fair 2020」を、11月5日(火)~8日(金)の4日間 、東京・千代田区の同社ショールーム「+PLUS」で開催中。

 今秋から来春にかけて発売されるオフィス家具の新製品を一堂に展示し、働き方改革が追い風になる中で、最新のラインナップをいち早く披露した。

 エントランス入ってすぐのひときわ目立つスペースに展示されているのは、良い姿勢を楽に保てるオフィスチェア「BeneS(ベネス)」(2019年12月発売予定)。

 座面がわずかに前に傾いている「前傾シート」が特徴のひとつで、上半身と太ももの角度を90度より大きくすることで骨盤を立たせやすくなり、背骨のS字カーブが保たれ、楽に良い姿勢を取りやすくなる。

 また、独自機構の「坐骨ポケット」や3次元フィット形状など、最新のエンジニアニングにより開発されている。

 空間の品格を高めるカンファレンステーブルとして紹介された「INTEO(インテオ)」(11月)は、来客ルームのようなおもてなしの場で信頼感を与えるデザイン。

 その他、パイピングのアウトラインが上質でモダンな空間を演出する応接ソファ「S1 (エスワン)」(11月)、システム収納「L6」にブラックタイプ、ハイベースタイプが新登場。

 「WORK FRAN」に多人数ミーティングに適した65インチモニター対応のモニタースタンドが新登場、本格木製オフィス家具「MARU(マル)」シリーズに「アームチェア」「カウンターチェア」を追加(2020年1月)。

 また、200年の歴史を持つ、ドイツの老舗家具メーカー「TONET(トーネット)」など、海外ブランドコレクションを紹介。磁気メモパッド「Kaite」の新製品(1月)や、インクを使わないホワイトボード「クリーンボード クレア」(1月)、リコージャパンとのコラボレーションも出展された。

 会期前半の5日~6日が同社ジョインテックスカンパニー、7日~8日がファニチャーカンパニーの顧客がそれぞれ招待された。

[最近の記事一覧]