文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

「EDiT」の人気ノートに横罫が登場 マークス1月展示会

2020年01月24日

マステ好きの間で話題となっている「水性ペンで書けるマスキングテープ」

学生から30〜40代女性まで根強い人気を誇る「ミセス・グロスマン」のステーショナリーライン

 デザインステーショナリーを展開するマークス(東京、高城和彦代表)は、1月8~10日に渋谷区恵比寿のオーツーギャラリーで、1月15日~16日にシーズOSAKAで、新作受注会「Exhibition in January 2020」を開催した。

 人気の手帳ブランド「EDiT」シリーズでは、昨年2月に発売された「方眼ノート」に加えて、新しく7mm横罫線の「横罫ノート」が登場。ビジネスユースにマッチするA5、B6サイズと、携帯に便利なA6サイズの3つのサイズが揃ったほか、5色の豊富なカラーバリエーションで自分にぴったりな1冊を選ぶことができる。

 また「マークスのシステム手帳」の「 バインダー」シリーズから、定番人気の「バイブル」、手軽に持ち歩ける「ミニ6」、機能的なメモ帳感覚の名刺大サイズ「マイクロ」と新たな3つのサイズが登場するほか、収納アイテムとして「システム手帳用リフィルポーチ」、「大容量トレイ型ペンケース」、「マスキングテープ用ポーチ」を発売する。

 昨年から販売を開始した「ミセス・グロスマン」シリーズでは、ステーショナリーラインとしてマスキングテープや付せんセット、ペンケース、リフィルなどを発売。

 そのほか、「水性ペンで書けるマスキングテープ」の新柄や、働く女性のためのステーショナリーコレクション 「ヴェレセラ・ステーショナリー」 の新作なども展示した。

 会場内は全国から集まったバイヤーなどの来場者で賑わっていた。

[最近の記事一覧]