文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

シヤチハタ シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション開催

2020年03月03日

 シヤチハタ(舟橋正剛社長)は、2020年4月1日より募集を開始する「第13回シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション」に特別協賛する。

 シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティションは、商品化を前提に今までにないプロダクトデザインを求めるコンペティション。2018年に10年の年月を経て第11回を再開し、2019年7月には受賞作品である、なつ印した印影が立体的にみえるよう影をつけたハンコ「印影」を商品化した。

 さらに、篆刻の浸透印付きの筆ペン「Name Pen Brush」を2020年4月に発売。この度、開催される第13回では、前回に引き続き「これからのしるし」をテーマとし、さらに踏み込むため「暮らしを彩る」「習慣になる」「気持ちを伝える」の3つのサブテーマを設けた。これらに焦点を当てたときに、「しるし」はどう“未来の当たり前”を描いてくれるのか。アイデアを具体的な形にした提案を募集、提案された作品が商品化され、これからの生活や社会を豊かにすることを期待している。

 審査員は、昨年と同じ喜多俊之氏、後藤陽次郎氏、中村勇吾氏、原研哉氏、深澤直人氏の5名。

 特別審査員として、舟橋社長(一般社団法人未来ものづくり振興会代表理事)と岩渕貞哉美術手帖総編集長が加わる。


 受賞作品は、グランプリ1作品(賞金300万円)、準グランプリ2作品(賞金50万円)、審査員賞5作品(賞金20万円)、特別審査員賞2作品(賞金20万円)の計10作品となり商品化を検討する。(G)


【第13回シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション概要】

■応募受付期間:2020年4月1日(水)~6月1日(月)12:00
■テーマ:これからのしるし~暮らしを彩る、習慣になる、気持ちを伝える~
アイデアの手がかりとなる3つのサブテーマを設けました。これら全てを満たす提案でなくても構いません。「しるし」の意味をそれぞれの視点で考えたプロダクトや仕組みなどをご提案ください。なお、応募作品は未発表のオリジナル作品に限ります。
■参加資格:
・個人、グループ及び企業、団体。年齢、性別、職業、国籍不問(ただし、日本語でのコミュニケーションが可能であること)。
・1次審査を通過した場合、2020年9月4日(金)までに、模型制作が可能であること。
・入賞した場合、2020年10月16日(金)18:30(予定)から東京都内で行われる表彰式に参加が可能なこと。
※1人または、1グループで複数作品の応募が可能です。ただし、事前エントリーは1応募につき、1エントリーをお願いします。
■賞:グランプリ1作品(賞金300万円)、準グランプリ2作品(賞金50万円)、審査員賞5作品(賞金20万円)、特別審査員賞2作品(賞金20万円)
※全ての受賞作品が、商品化の対象となります。また、本コンペの公式サイトで公開されます。
■一次審査提出物:プレゼンシート(サイズ:A3、枚数:1枚、形式:PDF、容量:10MB以内)
■審査基準:1.テーマの理解力|2.新規性・革新性|3.商品化の実現性
■応募方法:公式サイト(https://sndc.design)よりご応募ください。
■表彰式:2020年10月16日(金)18時30分から予定
■主催:一般社団法人未来ものづくり振興会
■共催:株式会社美術出版社
■特別協賛:シヤチハタ株式会社

[最近の記事一覧]