文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

リコー、個別で入社式「行動してこそ仕事であることを忘れないで」

2020年04月02日

新入社員と社⻑の距離は2メートル以上離した

リコー山下社長

 リコー(山下良則社長)は、4月1日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、新入社員が一堂に会する従来の入社式は行わず、それぞれの新入社員と社⻑が個別に向き合う「個別入社式」を開催した。

 一人ひとりに対して歓迎の⾔葉を掛けて社章を交付し、社⻑挨拶については映像を配信して各自が⾃宅で視聴した。

 山下社長は新入社員に、創業の精神である「三愛精神」を伝え、「自分の考えを発信し、その考えが理解されるように周囲に働きかけ、行動してこそ仕事であることを忘れないで」とエールを贈った。新入社員172名中169名が当日参加した。
 

 山下社長の個別入社式についてのコメントは以下の通り。


 新型コロナウイルスの影響は世界中に及び、私たちは目に見えない敵とも言えるウィルスに立ち向かうという困難な状況が続いています。

 こうしたなか、社会人として人生の節目を迎えられ、今日から私たちリコーの仲間になっていただく新入社員の皆さんに対して、どうしたら歓迎の気持ちを伝えられるか、今日という日を一緒に祝うことができるのかということを、専門家である産業医の先生にもご指導いただきながら様々な検討を進め、「個別入社式」を開催しました。

 リコーは創業の精神として三愛精神(人を愛し、国を愛し、勤めを愛す)を掲げ、社員一人ひとりを大切にする経営を続けてきました。今回の個別入社式では、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた対策を十分に行いながら、一人ひとりとコミュニケーションして歓迎の気持ちを直接伝えることで、新入社員の皆さんが、社会人として、そしてリコー社員としての第一歩を力強く踏み出してもらい、心に残る1日にしてもらうおうと考えました。

[最近の記事一覧]