文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

最新のギフト商材が集結 ギフト・ショー秋に文具メーカーも出展

2020年10月09日

消毒ジェル製品(名入れ注文も可能)を配布しバイヤーの注目を集めたクラウングループ

ファンシーショップなどで人気のエポックケミカルの文具

 「第90回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2020」と同時開催展の「東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2020 第8回LIFE×DESIGN」、「第28回グルメ&ダイニングスタイルショー」(ビジネスガイド社)が、10月7日~9日、東京・有明の東京ビッグサイトの西展示棟、南展示棟で開催された。

 今回のテーマは「『驚き』『感動』 心を熱くする新製品との出会い。広げよう世界の絆」。海外42社を含む全917社が出展し、3日間で14万5643人が来場した。

 文具業界からはクラウングループのほか、「らくやきマーカー」が人気のエポックケミカルや、急速に取扱店舗を増やしているテープブランド「YOJOTAPE」(新建新聞社)などが出展。最新のギフト向け商材やサービスを来場者に説明。

 今回の出展について、クラウングループ取締役社長執行役員の鎌田強さんは、「新型コロナウイルスの影響でブース来場者は減少したが、その分、目的や目標が明確なバイヤーが多く通常より濃い商談ができている」と話した。

 そのほか、各コンテストの結果発表も行われ、輸入品人気コンテストの審査員特別賞にレトロバンクの「芽が出る鉛筆」が選ばれた。“サステナブルとは何か?”を体験できるデンマーク生まれの鉛筆で、使用して小さくなったら捨てずに土へ植えると、種が入ったカプセル部分が溶け、土中で発芽し新たな命へ生まれ変わる。

[最近の記事一覧]