文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

文マガ 文具流通マガジン

谷川商事株式会社

文マガ 文具流通マガジン

ホーム > ニュース

ニュース

谷川商事株式会社

ニュース

2021年05月10日

マックス24年3月までの中計発表 オフィス部門は文字表示機器拡販 

 マックス(黒沢光照社長)は、4月28日、2021年3月期累計連結業績を発表し、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う経済活動の停滞を受け、売上高は640億2900万円(前期比8.1%減)、営業利益66億8500万円(同11.9%減)、経常利益68億2600万円(7.8%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は51億5300万円(6.5%減)だった。

 オフィス機器部門は、売上高170億6100万円(前期比20.7%減)、セグメント利益は27億3800万円(同44.1%減)だった。

 国内オフィス事業は、売上高74億5200万円(8.9%減)。文具関連製品や表示作成機「ビーポップ」の販売が減少した。

 海外オフィス事業は、売上高39億2600万円(13.2%減)。「ビーポップ」は欧州でサイン需要による増加がみられたものの、東南アジアが中心の文具関連製品の販売が低調に推移した。

 オートステープラ事業は、売上高56億8300万円(35.5%減)。在宅勤務の拡大などによる取引先からの受注減により、機械・消耗品の販売が減少した。

 同日、2022年~2024年3月期の中期経営計画を発表した。

 オフィス機器部門では、国内外で「ビーポップ」や食品表示用「ラベルプリンタ」、チューブマーカー「レタツイン」など文字表示機器の事業成長により、24年3月期の部門売上高を195億円に引き上げるなど収益性を高める。

 今期通期連結は穏やかな景気回復を予測し、売上高674億円(前期比5.3%増)、営業利益71億円(6.2%増)、経常利益71億円(4%増)、純利益52億5000万円(1.9%増)を見込む。

 

[最近の記事一覧]

過去のニュース一覧


TOP