文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

文マガ 文具流通マガジン

谷川商事株式会社

文マガ 文具流通マガジン

ホーム > ニュース

ニュース

谷川商事株式会社

ニュース

2021年09月10日

「SDGs」に高い関心 第64回PIショー、池袋で開催

「Sustainable Novelty」コーナー

会場の様子

 販促・企業ギフト・マーケティングの専門見本市「第64回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー秋2021」(主催・ビジネスガイド社)が、9月8日~10日、池袋サンシャインシティ・コンベンションセンター文化会館で開催され、新生活様式が求められる中で、SDGs、サステナブル関連や、新型コロナウイルス感染症対策グッズが集中展示された。

 開催テーマは、「消費者の行動・価値観の変化を捉えた、新たな販促戦略の創造」。

 会場では、年末年始の法人向けギフトや、コロナ禍を乗り切るニューノーマル対応グッズ、SDGsを意識した商材など豊富に紹介された。

 企業経営における新たな世界基準のひとつの軸となる「SDGs」に焦点を当てた、特別展示企画「Sustainable Novelty」コーナーは高い関心を集めた。

 また特設展示「第58回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール展」で、パイロットコーポレーションの新聞広告が展示された。

 10日、「新製品コンテスト」の表彰式が行われ、「SPツールコンテスト」部門は、被災地域の支援になるグッドデザイン賞アップサイクルアイテム「ブルーシードバッグ」(BRIDGE KUMAMOTO)、「新生活様式グッズコンテスト」部門は、『つけたまま』飲める・吸える・吹ける。二重構造で呼吸がラクな「つけたまマスク」(高志ハイアンビション)が、それぞれ大賞を受賞した。

 次回、春のショーは、2022年4月13日(水)~15日(金)、同じく池袋・文化会館で行われる。


(2021/9/21追記)

 主催者発表による来場者数(3日間合計)は2万1,223人。

[最近の記事一覧]

過去のニュース一覧


TOP