文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

文具メーカー5社が浜松町で展示会開催、人気投票も行う

2011年03月03日

今年は仮面ライダー生誕40周年。歴代ライダーも登場する記念商品も期待される中、ショウワノートブースでは、初代ライダーが登場(3月3日浜松町)

キョクトウ・アソシエイツは、極東ノート時代も振り返る「キョクトウ学習帳のあゆみ」を展示した(3月3日浜松町)

 文具メーカー5社による合同フェアが、3月3日~4日、東京港区の都立産業貿易センター浜松町館で開催され、2日間で1100名が来場する予定。昨年から続く3月開催で、3月8日には大阪市のOMMビル2階Cホールでも開催し、600名の来場を見込む。

 出展5社は、サンスター文具、ショウワノートグループ、キョクトウ・アソシエイツ、トーヨーグループ、学研ステイフル。

 定番商品に加えて、各社のオリジナルティあふれる新製品が展示されたほか、共同企画としての合同提案コーナーも設けられた。

 また来場者には赤と青の丸シールが各2点ずつ配られ、推奨品部門とベストセラー部門の2つの投票ボードに直接貼る人気投票も行なった。

 サンスター文具は出展社中、最大規模の小間数で豊富な品揃えを展開。アイデア文具や学童文具の他、多数のキャラクター及びディズニー商品を展示し、5月末発売予定のかおりカプセル付ボールペン「フレグレックス」も参考出品した。

 ショウワノートグループでは、7月に映画公開されるポケモン映画「ビクティニと黒き英雄ゼクロム/白き英雄レシラム」の映画柄文具シリーズなど、多数のキャラクター文具を紹介。またショウワノートが製品化した「六度法シリーズ」を出品。六度法を考案した、富澤敏彦氏が昨年に引き続き、ブース内でミニ講座を開設した。ショウワグリムからも新製品が多数展示された。

 キョクトウ・アソシエイツは、感覚的に英語を学べる「意味順ノート」を中心に展開し、学童向けノートでは、5ミリ方眼罫に加えて、7ミリ罫、8ミリ罫ときめ細やかに新発売。岡山工場の動画紹介も行った。

 トーヨーグループは、伊藤園の茶殻リサイクルシステムから誕生した「お茶殻折紙」と「お茶殻千代紙」をトーヨーが新発売。また紙で制作したスカイツリーの模型を登場させ、ブームにあやかった。たんぽぽも出展した。

 学研ステイフルは、4月発売の「Funtape(ファンテープ)」をブース前面に展開し、暑中ポストカードや夏の風物詩を彩ったサマーシリーズなどを展開した。

[最近の記事一覧]