文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > 特集


特集

日本の鉛筆は最高レベル、今に伝える鉛筆の物語『ザ・ペンシル・パーフェクト』日本語版が発刊、著者が来日し「鉛筆愛」を語る

2019年12月03日

右から3人目が著者のキャロライン・ウィーヴァー氏と、その左が日本鉛筆工業協同組合の小川理事長

『ザ・ペンシル・パーフェクト 文化の象徴“鉛筆”の知られざる物語』(B5版・上製本(ハードカバー)、本文1色刷り166ページ。税抜3000円)は学研プラス刊。日本鉛筆工業協同組合が監修。全国の書店、インターネット書店で注文可能

 ニューヨークの鉛筆専門店のオーナー、キャロライン・ウィーヴァー氏が著した『The Pencil Perfect』の日本語版が12月3日、学研プラスから発刊されるのに合わせ同氏が来日し、同日、東京の学研ビルで出版記念発表会が開かれ、鉛筆の持つ魅力をぞんぶんに語った。

 主催したのは、日本の鉛筆製造事業者で構成する日本鉛筆工業協同組合(東京、小川晃弘理事長)。今回の日本語版を監修した。


 小川理事長(トンボ鉛筆社長)は、「日本鉛筆工業協同組合は、1912年に東京鉛筆製造組合として設立され、現在約30社が加盟、社会の変化の中で活動は大きく変わってきているが、相互扶助の精神のもと、組合員支援を行っている」。


 「監修をした『The Pencil Perfect』日本語版発行の経緯は、キャロラインさんが2015年にニューヨーク・マンハッタンに鉛筆の専門店をオープンした。そのニュースを2017年に知り、興味を持ち社員を視察に行かせたところ、大変素晴らしく興味深いお店だったということがわかった。また同時に、キャロラインさんがこの本を出版していたことを知った」。


 「早速取り寄せて読んだところ、これまでの鉛筆の発展史とは異なり、全ページを通じて、キャロラインさん自身の感動を書き記している。この本の結びでは『今日のデジタル漬けの生活の中で、香り豊かな鉛筆で書くひとときを大切にしよう』と、提案もしている。また4世紀に及ぶ鉛筆の歴史を伝える良書であり、人間味のあるコミュニケーションツールとして鉛筆の価値を再発見している。組合としては、キャロラインさんのメッセージを多くの日本の方に読んでいただき、今一度、鉛筆の良さを伝えていこうとの想いから、今回の出版に至った」と述べた。


 著者のキャロライン氏は「2014年に私のお気に入りのものをシェアしたいとウェブサイトを立ち上げた。そうすると驚いたことに、想像以上に鉛筆の愛好家が多いことを知った。そこで、2015年にNYのロウアーマンハッタンに、世界15か国ほどの製品を揃えた鉛筆専門店『CW ペンシル・エンタープライズ』をオープンした。世界各国の鉛筆を書き良さを味わって欲しいとの想いがあった」

 「思い出す限り、小さい頃から、鉛筆は私の生活の中で、友のように大切なものだった。大人になってからも、いろいろな国を旅行して、鉛筆の歴史や製造に携わっている方々の話を聞くにつれ、鉛筆への愛情がますます高まっていった。書く道具としてのものだけでなく、非常にシンプルには見えるが、何百年もかけて現在の姿、この完成形にたどり着いたということがわかった」


 「2016年にドイツの出版社から鉛筆についての出版をしないかと声がけをいただき、『The Pencil Perfect』が発刊された。2017年にオリジナルの英語版が出版された。驚いたことに、鉛筆は何百年にわたって人間と共にあったものだが、すべてをわかりやすく網羅した本がなかった。そこで私は研究し、文字として起こした。鉛筆で特に素晴らしいと思うのはその普遍性。まさにクリエイティブな表現を行う道具であり、また実用的な機能を持っている」。


 「日本語版が出来て大変嬉しく思う。最初のお店を出したときに、東京を訪れ、文房具に携わる方々の情熱に驚いた。日本の鉛筆は最高レベルのもの。日本の文房具業界は世界にもっとも影響を与えるものだと思う。日本の読者の方々にも鉛筆の歴史をご理解いただき、日本の新しい世代にも鉛筆の良さを伝えられればと思う」と挨拶した。


 キャロライン氏は、鉛筆専門店とオンラインショップを経営する。質疑応答で「もし、次にお店を出すとしたら、東京以外にはない」と話し、注目を集めた。


 日本語版のタイトルは『ザ・ペンシル・パーフェクト 文化の象徴“鉛筆”の知られざる物語』(B5版・上製本(ハードカバー)、本文1色刷り166ページ。税抜3000円)。学研プラスから発刊。日本鉛筆工業協同組合が監修。

 紀伊国屋書店と三省堂書店(計32店舗)のほか、全国の書店、インターネット書店で注文可能。



CW Pencil Enterpriseのウェブサイト

https://cwpencils.com/

[最近の記事一覧]