文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

客数5%増、売上目標下回る 第110回エコール春の大見本市

2020年01月23日

学研ステイフルのブース(第110回エコール春の大見本市)

 1月17日~18日、東京流通センターで開催された、エコール流通グループ(ERG、一ノ瀬巌社長)の第110回春の大見本市結果速報が、23日発表され、売上は64億3000万円で、前年同期比、目標比とも2%減だった。

 会期中は気温が下がる肌寒い中にも関わらず、来場者数は来場見込み3400人に対し、3,587人(計画比5.5%増)だった。来場会社数は1495社(前年同期比2.4%減)、来場店舗数は2155店(2.7%減)だった。

 ERGから、「『出やすい店が入りやすい店』を考えた魅せるブースづくり」を主要な出展社に対して依頼したところ、前回よりさらに見回りやすい会場になり、来場者の流れもスムーズになった。

 イベント館で行った、ショートセミナーは2日間全10枠を開催し、延べ259名の方が聴講した。エコール社員の成功事例発表も好評で、1セミナーあたりの平均聴講者数は前年に引き続き過去最高を記録した。文具の著名人を使った活用事例のセミナーも好評だった。

 イベント館では、昨年の自然災害を踏まえ、特に水害対策と電力確保に焦点を当てた「防災対策コーナー」を展開。来場者からの関心も高く、担当スタッフは終日商品説明に追われた。

 また、インバウンド対応へ向けた自動翻訳機は今回も関心が高く、メーカー3社の機種を体験できる比較コーナーでは、終日、人が絶えることがなかった。

[最近の記事一覧]