文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

カリスマ家庭教師に聞く!不安を乗り切る「子どものフォローとノート選びのポイント」

2020年03月25日

安浪京子先生
算数教育家及び中学受験専門カウンセラーの神戸大学発達科学部卒。関西、関東の中学受験専門大手進学塾にて算数講師を担当、生徒アンケートでは100%の支持率を誇る。プロ家庭教師歴約20年。

「うるせーな」。子どもの変化に、親はう接するべきか?

 コクヨは、ノートシリーズ「Campus」で、カリスマ家庭教師の安浪京子先生による、新入学の中学1年生を対象とした「子どものフォローとノート選びのポイント」を、3月25日から、専用サイト上で公開開始した。

 新型コロナウィルス感染拡大で、国内でも不安が多い中で、新入学・新学年を迎える、新学生とその家族に少しでも安心して新シーズンを迎えてもらう。

 小学生から中学生に進学する中で、子どもの変化が起き、自立に向けて「親離れ」が始まることで、コミュニケーションがとりづらくなるという。

 安浪氏は「小学生の延長ではなく、『中学生になった』と、一段とステージを上げて対等に接する姿勢を明確に打ち出すことが鍵」とアドバイスする。

 また、中学生に進学すると、ノートの変化にも対応しなくてはいけなくなる。安浪氏は「①ノートを一緒に選びに行く」、「②具体的に書いて見せる」などが効果的とポイントを上げた。

 さらに、安浪先生直伝!入学直後から周囲と差をつける「数学ノートの作り方」として、

①日付と単元、問題番号を書く
②ノートをケチらない
③図はフリーハンド&適切なサイズで

を紹介している。

下記サイトから、「プロが教える『ノート活用法』」をクリックすると全文を読むことができる

https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/campus/youcanpass2020/

[最近の記事一覧]