文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

文マガ 文具流通マガジン

谷川商事株式会社

文マガ 文具流通マガジン

ホーム > ニュース

ニュース

谷川商事株式会社

ニュース

2021年11月16日

三菱鉛筆など4社「鉛筆の資源循環システム」で協業 再利用しやすい「フォレストサポーター鉛筆」開発

鉛筆の資源循環システム

回収箱 「ペンシルポスト」

 日本郵便・東京支社、サカタのタネ、品川区教育委員会と、三菱鉛筆(数原滋彦社長)は、4社協業での取り組み「鉛筆の資源循環システム」の実証実験を11月15日から開始し、品川区立の小学校・義務教育学校の11校と品川郵便局で実施する。

 「鉛筆の資源循環システム」とは、木材を主材料とする鉛筆を使い終わった後に回収し、棒状肥料やバイオマス発電として再利用をするシステム。

 鉛筆は一般的に米カルフォルニア州で育つインセンスシダーなどが使われており、現在では国産材はほとんど使われていないが、三菱鉛筆は、「美しい森林づくり推進国民運動 フォレスト・サポーターズ」を運営している公益社団法人国土緑化推進機構の協力を得て、再生利用しやすい鉛筆として国産ヒノキ材から「フォレストサポーター鉛筆」を開発した。

 通常、鉛筆は、短くなるまで使用された後は、捨てられ、ごみとして処理されるが、「フォレストサポーター鉛筆」は使用後に棒状肥料へ再生利用が可能となる。

 同システムは、まずは品川郵便局配達区域内の小学校・義務教育学校の11校と品川郵便局を対象に使用済み鉛筆回収箱を設置し、実証実験として運用を開始する。

 「フォレストサポーター鉛筆」以外に従来の鉛筆も回収可能で、通常の鉛筆はバイオマス発電として再利用。また、品川郵便局では11月15日から「フォレストサポーター鉛筆」のテスト販売を開始する。

 回収箱に集められた使用済みの「フォレストサポーター鉛筆」は日本郵便が回収し、三菱鉛筆内で木粉化されたのち、サカタのタネの開発協力を得て棒状肥料として加工後、回収箱を設置してくれた学校に無償配布する仕組みだ。

 品川地区で実証実験を行い、「品川モデル」を構築した後、徐々に展開地区を拡大していく予定。

 「鉛筆の資源循環システム」により、“学ぶ”時に初めて手にする鉛筆で“資源循環”を体験し、実感してもらうことを目指す。

[最近の記事一覧]

過去のニュース一覧


TOP