文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

キヤノンMJ EMCジャパンと協業

2010年11月17日

 キヤノンマーケティングジャパン(川崎正己社長)と、EMCジャパン(諸星俊男社長)は、ECMドキュメントキャプチャソリューションの分野で協業する。

 両社は、全世界で高い導入実績を誇るEMC社の「Captiva InputAccel(キャプティバ・インプットアクセル)」にキヤノンの日本語OCRを組み込み、2011年4月より販売を開始する。

 2社は、このほど、大量の紙文書を電子化し一連の業務フローを効率化できるECMドキュメントキャプチャソリューションの分野において、協業することで合意した。

 EMC社の「Captiva InputAccel」は、大量のデータを一元管理する大手企業向けのキャプチャソフトウエアで、紙文書のスキャニングデータだけでなく多種多様なデータを取り込むことが可能。世界規模ですでに1万2,000社に導入されている。

 今回、日本語OCRエンジンの組み込みの開発は、キヤノンソフトウェアが行なった。キヤノンの複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズやドキュメントスキャナー「imageFORMULA」シリーズなどの入力機器と組み合わせ、キヤノンMJの大手企業担当営業部門を中心に拡販する。

[最近の記事一覧]