文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

文具カフェで過ごす豊かな時間 掛川で見つけた「konohi」

2011年06月23日

ステーショナリーカフェ「konohi」

店内には厳選された国内外のステーショナリーが並ぶ

 文具を買うときは落ち着いて、じっくりと見たいもの。コーヒーでも飲みながらゆっくり選べるお店はないものかと探したら、ステーショナリーカフェというものに出会った。

 静岡県掛川市は、茶畑や田園風景が広がるのどかな地域。東海道新幹線掛川駅から車で15分ほどの県道沿いに、目指すステーショナリーカフェ「konohi」があった。

 同店のオープンは、昨年10月2日。

「昔からカフェ巡りが好きで、漠然とカフェオープンを考えていました。しかし、土地柄カフェだけでは集客も難しいと感じたときに、好きだった文房具も一緒に店内に置こうと考えたんです」と語るのは、オーナーの吉川暢子さん。妹の育美さんと姉妹で運営する。

 お店は、築20年以上の平屋一戸建てを改装し、カフェスペースと文房具コーナーで構成する。

 カフェスペースは、2人がけのテーブル、ソファ席、ちゃぶ台を置いた座敷のレイアウト。併設する文房具コーナーは、古道具の棚に海外製品を中心に国内外の文房具を並べる。その数は200種以上だ。

 ほとんどの客は、オーダーを済ませたあと、文房具コーナーをのぞきに行く。

 コーヒーやカフェオレ、パンとスープセット、自家製チーズケーキ、焼菓子などのメニューと共に過ごし、その後はまた文具コーナーに戻って、買い物をするのもいい。

 1人でぶらっと来て過ごせる、くつろぎの時間。考えごとをして過ごすカフェと、考えるためのツール、文具との相性は、ことのほか合う。


●ステーショナリーカフェ / konohi

所在地 静岡県掛川市家代855-1

電話 0537-26-1036

営業時間 12時~19時

定休日 日曜、月曜

ブログ http://konohi.hamazo.tv/


(月刊「BUNGU TO JIMUKI」11年6月号に掲載)


 

[最近の記事一覧]